メインイメージ画像

社会人としてお悔やみの電報を送る際に求められるマナーとは

スマートフォンが普及していて、インターネットで難なく世界中の人々とメッセージを送り合える現代でも、電報はさまざまな場面で利用されています。誕生日祝いや昇進の祝辞、または入学祝いや合格祝いなど主に祝い事などの場合に利用されますが、やはり主な利用の場面はお葬式や結婚式などの冠婚葬祭になります。

社会人になると関係者の数が爆発的に増えるので、お葬式など冠婚葬祭に関わる機会も増えますが、全部に参列出来る訳ではないので、最低限のマナーとしてこうしたお悔やみの電報が利用されます。こうした弔電は社会人には必須のマナーとなりますが、電報を知らない方は弔電での礼儀やタブーを知らないことがよくあります。

ここでは社会人として把握しておきたい弔電でのマナーについて説明します。

弔電を送るためには当然電報を受け付ける会社を経由して送ることになりますが、この際には台紙というものを選択することになります。
台紙には結婚式専用の派手な装飾から就任祝いなどフォーマルな祝い事のものなどいろいろなものがありますが、お葬式のお悔やみの時には無論ふさわしいものが存在します。

こういった弔電用の台紙というのはほとんどの場合カテゴリー分けされていて、その中から選択することになるので、葬式に結婚式用の台紙を送るなどというミスはまず起こりえませんが、送る相手に合わせて適切な台紙を選ぶという姿勢が重要になります。

また弔電では当然メッセージのマナーに気をつける心配があります。
まず弔電の宛名には普通は喪主の人の名前になりますが、場合によっては喪主の方の名前がわからないということもあるでしょう。

そうした際には故人の名前でも良いですし、個人の名前のうしろにご遺族様など宛名を記せば失礼なく送ることが出来ます。この他にも基本的な言葉使いタブーなワードなど気をつけるポイントはありますが、事前にネットでそうしたワードを調べて避けるなど具体的な方策が必要になります。このような冠婚葬祭での立ち居振る舞いは、社会人としての資質を問われる場面なので気をつけて選んで下さい。

更新情報